稲沢市のあじさいまつりで感動したこと

ブログ

あじさいの種類や見頃を知ろう!園内に咲く約90種1万株の花の魅力

こんにちは、ふうさんです。今日は、愛知県稲沢市のあじさいまつりに行ってきました。あじさいまつりでは、たくさんのあじさいが咲いています。あじさいは、色とりどりの花を咲かせる植物です。あじさいには、いろいろな種類があります。どんな種類があるか、見てみましょう。

1.稲沢市のあじさいまつりとは?開催期間や場所、内容を紹介

稲沢市のあじさいまつりは、愛知県稲沢市にあるお祭りです。

6月になると、大塚性海寺歴史公園という場所に、たくさんのあじさいが咲きます。

あじさいは、色とりどりの花を咲かせる植物です。

お祭りでは、あじさいを見たり、食べ物を買ったり、楽しいことができます。

結構混んでますので、早めのお出かけをお勧めします。

開催期間: 令和5年6月1日(木曜日)から令和5年6月18日(日曜日)まで

開催時間: 午前10時~午後4時

開催場所:大塚性海寺歴史公園・性海寺(稲沢市大塚南一丁目33番地)

第32回稲沢あじさいまつり|稲沢市公式ウェブサイト (city.inazawa.aichi.jp)

あじさいまつり

2.あじさいの種類や見頃を知ろう!園内に咲く約90種1万株の花の魅力

あじさいまつりでは、約90種類ものあじさいが見られます。それぞれに違う形や色があります。

  • ガクアジサイは、花びらのように見える部分が実は葉っぱです。白やピンク、紫などに色が変わります。
  • ヤマアジサイは、小さな花がたくさん集まって丸くなっています。白や青、紫などに色が変わります。
  • 西洋のアジサイは、大きくて華やかな花を咲かせます。白やピンク、赤などが多く、土の中のものによって色が変わります。

あじさいは5月から6月にかけて咲きますが、一番きれいな時期は6月の上旬から中旬です。

雨が降った後や朝早くに見ると、水滴がついてキラキラしています。

ガクアジサイ
ガクアジサイ
西洋アジサイ
西洋アジサイ

3.歴史と文化を感じる性海寺の見学。貴重な文化財や伝説に触れる

あじさいまつりの場所は、大塚性海寺歴史公園という公園です。この公園には、性海寺というお寺があります。性海寺は、昔からある有名なお寺で、大切なものや面白い話がたくさんあります。

  • 本堂には、日本で一番大きい木造の仏像があります。その名前は阿弥陀如来(あみだにょらい)です。
  • 境内には、日本で一番長い石段があります。その名前は千手観音(せんじゅかんのん)石段です。
  • お寺には、昔から伝わる不思議な話があります。その名前は「狐火(きつねび)」と「鬼子母神(きしもじん)」です。

性海寺では、歴史や文化を学んだり、不思議な話を聞いたりできます。

まとめ

稲沢市のあじさいまつりは、6月に開催される愛知県のお出かけスポットです。園内には約90種1万株のあじさいが咲き誇り、色とりどりの花を楽しめます。また、性海寺では歴史や文化を感じることができます。あじさいや仏像、石段など、見どころがたくさんあります。あじさいまつりで感動したことを、ぜひあなたも体験してみてください。

名古屋の魅力

ブログを読んでいただきましてありがとうございました。名古屋の観光スポットや名古屋めしを紹介しておりますので、ご興味がありましたらこちらの記事も合わせて読んでみてください。

名古屋に行ったら必ず買いたい!世界の山ちゃん 手羽先のお土産
「世界の山ちゃん」の手羽先は、名古屋名物の中でも特に人気なお土産です。外はカリッと中はジューシーで、香ばしくて辛くて甘い味がクセになります。価格や辛さ、温め方や冷め方など、お土産にするときに知っておきたい情報をお伝えします。家族に喜ばせるプレゼントにしましょう!
ノリタケの森とイオンモールNagoya Noritake Garden:名古屋観光の新たな楽しみ方
「ノリタケの森とイオンモールNagoya Noritake Garden:名古屋観光の新たな楽しみ方」では、新規観光地の魅力を伝えます。陶芸体験、ショッピング、エンターテイメントが待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました